食生活や適度な運動を取り入れて血栓症を予防する

誰でも発症する

血栓症は、誰でもかかる病気です。血液が正常に流れず様々な症状を招いてしまいます。また、急に発症することもあるため少しでも異変に気付いた場合はかかりつけ医に相談すると良いでしょう。日頃から予防することで防ぐことが出来ます。

Read more

部位によって異なる

血栓症の代表的なものに、脳梗塞や心筋梗塞が挙げられます。部位によって発症する症状が異なるため、気をつけなくてはなりません。また、普段の生活習慣を見直して改善することで予防することが出来ます。

Read more

長時間座ることで

血栓症の一つに、エコノミークラス症候群があります。長時間同じ姿勢でいると足に血栓ができ、その血栓が肺の血管をふせいでしまうことで肺塞栓症になってしまいます。そのため、同じ姿勢を避けるなど予防対策を取ると良いでしょう。

Read more

ピルでも発症する

女性に多く利用されているピルでも、副作用として血栓症になってしまう可能性があります。しかし、日本人には少ないためあまり心配する必要はありません。しかし、気になる場合は医師に相談することで予防でき、安心して服用出来ます。

Read more

血栓症とは

血栓症と聞くと高齢者に多いイメージを持つ人は少なくありません。
しかし、この病気は若い世代でも例外なくかかる可能性があるのです。
特に、デスクワークや長時間飛行機に乗る場合はずっと同じ姿勢でいると血栓症になってしまう可能性があります。
そのため、長時間座る際には姿勢を変える他にも定期的に立ち上がることで予防することが出来ます。
血栓症は、予防するが出来る病気です。
普段の生活習慣を見直し、改善すると血栓症にかかるリスクを減らすことも出来るでしょう。

普段の生活に取り入れた方が良いとされているものに、運動があります。
無理な運動をすると体調を崩してしまうため、適度な運動が好ましいと言えます。
通勤の際に一駅分を歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使用せずに階段を使ったりするだけでも体を動かしている事になるので、予防に繋がります。
その他の予防策として、体重のコントロールが挙げられます。
運動を取り入れることもそうですが、体重のコントロールも大切になってきます。
肥満になってしまうと、心臓に負担がかかってしまいます。
また、高血圧や高血糖などの症状が加わると心臓により一層負担がかかってしまうので、日頃から体重をコントロールする必要があります。
体重コントロールには、食生活も重要になってきます。
食生活では、コレステロールや血糖、血圧なども調整することが出来るため重要と言えます。

血栓症を予防するためには、持続が必要になり
日頃の生活習慣を改善することで血栓症を予防することが出来るため、毎日継続する必要があります。
血栓症の一番の予防には、血液が挙げられます。
血液の流れを良くすることで血栓症を予防することが出来るため、まずは血液の流れを良くすると良いでしょう。
他にも、血栓症の予防にはストレスを溜めないことが大切になります。
ストレスは、他の病気も招いてしまうので注意しましょう。